上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20101160012.jpg



スチールを釣り上げたわけなんです…




が…










果たしてテンカラでスチールヘッドを釣ったのだろうか?


釣ったときの仕掛けは

竿:中国製テンカラ竿3.2メートル
ライン:ナイロン17ポンド6メートル
色糸:フライ用バッキングライン30センチ
ハリス:フロロ12ポンド1.5メートル

フライ用インジケーター中型
ガン玉(サイズ不明)
毛鉤:卵毛鉤(エッグフライ)10番



ここで気になるのは

フライ用インジケーター
ガン玉


一応テンカラ竿で釣ったものの
テンカラというからには、

竿
ライン
毛鉤


のみの仕掛けで釣りたい…


竿は2箇所折れてるけどOK
ラインもOK
毛鉤も卵毛鉤だけど、時期的に考えればOK


でもココで問題が…

ラインが太いため、錘なしでは毛鉤が全然沈まないこと

そして
遠い場所で根がかりしたら竿がめちゃくちゃ固着すること

この固着で前回竿を折ってしまったわけです(涙










改善策として思いつくのは

ラインを細くすること
毛鉤に錘を仕込むこと










卵毛鉤に錘を仕込むことは簡単だけど
ラインは細く出来ないかも…


あと、淵とかトロ場を捨てれば
インジケーターなしでも釣れるかも!?





今週末は第三回テンカラdeスチールヘッドなので
もっと作戦を練らないと!!




**************************************
感想
スチールヘッドテンカラを完成させたい。

課題
課題がありすぎて困る(笑
















目標は80アップ!!



ブログランキングにポチッとご協力を!
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
ありがとうございます。

スポンサーサイト
2010.11.17 Wed l テンカラ雑記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
注意: 私のテンカラです。


私の毛鉤の流し方は、3つに大別することが出来ます。

1、自然に流す

2、誘いを入れる

3、複合





1、私の(しつこい)自然に流す方法

●水面上を釣る場合

完全に自然に流します。

理由は、釣れるから(笑



●毛鉤を水面直下で流す場合

流れよりもほんのちょっとだけ遅く流します。

理由は、遅めに流したほうが、魚が食べやすいから



●毛鉤を沈めて底を釣る場合

流れなりに流します。

理由は、少しでもテンションが掛かると、毛鉤が浮き上がってしまうから





2、私の(も~イイッテバ)誘う方法

●水面上を釣る場合

流れを無視して色々やります。
水面をやさしくなぜたり、強めにひっかいたり
逆引きをしたり、止めたり、ちょんちょんしたり
スーイスーイと泳がしたり、自ら泳いでしまったり(うそ



●水面直下を釣る場合

○流れがある場合
 流れなりに流しつつ誘います。

誘い方は、水面に出ている糸を、竿でタワンタワンタワンとします(謎

毛鉤を動かそうとしてはダメです。
糸をタワンタワンタワンするだけです。

これだけでも十分に毛鉤のハックルが動きますし
強くやりすぎると、毛鉤が流れから外れてしまいます。

レッツ タワンタワン!(爆


○流れが無い場合
 毛鉤が水から出ないように適当にやります(汗



●毛鉤を沈めて底を釣る場合

○流れがある場合
 浮き上がっちゃうので何もしません(笑

○流れが無い場合
 浮き上がらない程度に適当にやります(爆





3、複合































私のがないと寂しいでしょ(爆






さておき3、私の複合

●水面上を釣る場合

水面に毛鉤が着かない様に、数回ポイントの上で空キャスティングをしてから
フワリと毛鉤を落とす。
(これは、水の上で蚊みたいのが、うじゃうじゃうじゃうじゃうjってしてる川や季節に有効)

毛鉤を数回ポイントの周辺で水面に着くか着かないかギリギリの感じでソフトタッチさせてから
フワリと毛鉤を落とす。
(虫が水面に着いて飛んで着いて飛んでを繰り返している川や季節に有効)



●水面下を釣る場合

自然に毛鉤を流して、魚がいそうなポイントでイキナリ動かす。

この方法は、食い気のない魚をリアクションで釣る方法。
(瀬尻などにいる食い気のある魚には、逆効果。ビックリして逃げてしまう)








以上、私のテンカラでした。(笑


































信じる信じないも、あなたしだい!(爆


ブログランキングにポチッとご協力を!
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

2010.07.03 Sat l テンカラ雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
悩んでいますか?


私は悩んでいます(笑


ちなみに毛鉤は何でも釣れます(キッパリ




釣れないのは毛鉤のせいではなく
たいていの場合、自分のせいです。


流し方やアプローチ、プレゼンテーションなど、注意する点はいっぱいあります。


でも、毛鉤は何でも釣れるんですが
その中にも、アタリ毛鉤と云うのがあるのも事実です。


そして、今のところアタリ毛鉤というのは、 サイズ と  に関係しているんではないかと思っています。



それを説明する前に前書きとして
魚は白黒で見えていると思っています。

その理由は、カラーで見える必要がないから(笑

よく「魚は動体視力はあるけど視力はない」といわれていますが
視力がないなら、カラーで見える必要があるのか?

また、餌を真剣に見て食べる必要がるのか?
それらしい物を口に入れてみて判断すればいいのではないか?

FFではインジケーター使う釣りがあるが
あんな蛍光のものが流れて来て、警戒しないのか?
もしかして、流れてくる木とか葉っぱと見え方は一緒なんじゃないのか?


他にもありますが、これらの理由から、根拠のない確信を持っています(笑
魚は、目の悪い人が白黒テレビを見たときのように見えています!(キッパリ






そして、先ほど言ったサイズとは

フックサイズも少なからず関係していますが
サイズとはシルエットのことです。

例えば
ハックルが多めの逆さ毛鉤はシルエットが長い。
ハックルが少ない逆さ毛鉤は、ハックル部分がボヤケてシルエットは中くらい。
ハックルが多めの順毛鉤は、シルエットが太い。
そして、ハックルが少な目の順毛鉤のシルエットは小さいわけです。

これは、鉤の大きさやハックルの長さ、ハックルの広がり具合などにも関係しています。



そして

白黒テレビでは、赤とか青とかは分からないものの、色の違いは分かります。
色の違いは、灰色の濃さでわかるわけです。

例えば、
餌である虫は、虫の色の濃さにもよるが白系から黒系までさまざま。

背景である水は透明のときは、魚には透明もしくは薄白に見える。
少しずつ濁りが入ると、だんだん灰色になる
もし、水が墨汁のように黒くなったら、魚には何も見えなくなる。


ということから、魚にとってのアピール色は黒。
水が墨汁になるまで見える。

白はナチュラル色、蛍光色もナチュラル色
水の濃さが毛鉤の濃さを上回ると、魚の目の前に毛鉤が来ないと見えない。








まとめ


色:

水がクリアな場合、何色でも大丈夫
水が濁っている場合、黒系が有効で白系は見にくい。


サイズ:

活性が高い場合、シルエットは大きめがいい
元気なとき、または元気になりたい時に焼肉を食べたい心理と一緒(笑

活性が低い場合、シルエットは小さめがいい
二日酔いのときはアッサリと(爆


フックサイズ:

大きい方がバレ難いので
わざわざ小さいのを使う必要はない。

小さいのが欲しい場合は、
シルエットがぼやける明るい色にするとか
ハックルを少なく巻くとか
鉤の胴を短く折ってアイを紐でつけるとかすると良い。

餌釣りで使う川虫の長さは10ミリから20ミリ程度なので
大きさ的には6番などの大きい鉤でも十分に魚を釣ることが出来る。

































結論

信じるも信じないも、あなたしだい!(爆

ポチッとにょろ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
2010.06.05 Sat l テンカラ雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
テンカラってなんですか?(爆




よく分からないので
私がテンカラと思い込んでいるものを紹介します(笑



まずは、テンカラは職業漁師の釣りであったことから
釣れる釣りであると思っています。

例えば1時間だけ釣りが出来るという制限を付けたとき
釣れる釣りの条件として考えられるのは

1、準備が速いこと
2、身軽で移動が楽なこと
3、手数が多いこと
4、トラブルが少ないこと

他にもいっぱいあると思いますが
これらの事が挙げられると思います。


そして、テンカラはこれらの条件を満たしています。


地域によって、釣り方や毛鉤に違いがあるようですが
渓相や釣り人も違うので違いがあって当然かなと思います。



とにかく、「釣れる釣り」を求め続けた結果
テンカラというスタイルが出来たのではないかと思っているわけです。


ですから、私も「釣れる釣り」を目指しているわけなんですが…




一応、目標があります。


































「一匹釣る!」(爆



10匹釣るのはすごいことですが
1匹釣らないと10匹釣れないので


毎回釣りに行くときは「1匹釣る」ことを目標にしています。


これはどんな条件でも1匹釣るということです。


家族と行こうが、30分しか時間がなかろうが

寒かろうが、増水していようが、水がコーヒー牛乳であろうが

釣り人が多かろうが、子どもに石を投げられようがです。




































条件の悪いときには行きませんが(爆

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

2010.06.02 Wed l テンカラ雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。