上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
とうとうテンカラ竿が来米!!O(≧▽≦)O

竿や道具の紹介は、後でしたいと思ってますが
安い竿です(笑

まぁ親父様に頼んで買ってもらい、しかも送ってもらったので何も言えませんが…
でも、アメリカでは修理できないので使い捨て感覚の竿で十分です。


と、いうことで竿の調子をみに行って来ました。
只今、アメリカは連休ということで何処も彼処も混んでいます。
(月曜日はメモリアルデーという祝日)

あと家族サービスもかねて、遊歩道のある川へ行って来ました。(カメラ忘れました…


今回の釣りの時間は1時間程度、息子(1歳と半年)と妻(年齢不詳)の(冷たい?)視線を背中に受けての釣りです。
そして、ウエーダーなしの岸釣りです。



川についてみると予想通りの釣り人の数…
殆んどが玉浮きを使っての餌釣りでした。


「まぁ釣れなくてもキャスティングの調子だけ見ればいいや」と軽い気持ちで駐車場の前からスタート。

餌釣りが多いと言うことで、まずは水面寄りを釣ろうと、蓑毛が多めで黒の逆さ毛鉤をチョイス。





あらビックリ!
水面下20センチほどを流していると、すぐに魚信がありました。
しかも、2回も。

でも、つついているだけの様子。
警戒してるのかな?


まぁこんなに釣り人いるしショウガナイカ…



と、自分を納得させつつ、遊歩道を上流側に歩きつつ
釣り人をかわしつつ、小場所を狙いつつ、
息子をあやしつつ、妻と楽しい会話をしつつ

色々なことをしつつ釣りをしていきました。













釣れない言い訳です。






すると、大場所発見!しかも、釣り人いない!!
ここは、流れが護岸に当たっているブッツケと言われる(たぶん)ポイント。


そしてここで、毛鉤をチェンジ。
アピール力のないクリーム色に、
そして、底を釣るために、ビーズヘッドを仕込んだ逆さ毛鉤に。




そして、妻と息子に、「おい!釣るから見とけよ!!」と大口をたたき、釣り開始。



しかし、短い足と手を駆使するも、流れの筋まで毛鉤が届かない…
(竿の長さのラインしか持ってこなかった)




大口をたたいてしまったことを後悔しつつ、意を決して


靴を脱ぎ




靴下を脱ぎ











ズボンを脱ぎ






















パンツを脱ぎ


















うそです。

ズボンをまくりあげただけです(笑





そろりそろりと水の中に入り、
1投目に来ました!!

35センチほどのニジマス。






「おとうさん。すごいだろー!!」

と、息子と妻にアピール。




そしてもう1匹釣って、もっとアピールしようとすると…





息子が










水の中にいるお父さんに


















石を投げ始めたので、試合終了…orz



ポチッと願いします。
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010.05.30 Sun l テンカラ釣り l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。