上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
悩んでいますか?


私は悩んでいます(笑


ちなみに毛鉤は何でも釣れます(キッパリ




釣れないのは毛鉤のせいではなく
たいていの場合、自分のせいです。


流し方やアプローチ、プレゼンテーションなど、注意する点はいっぱいあります。


でも、毛鉤は何でも釣れるんですが
その中にも、アタリ毛鉤と云うのがあるのも事実です。


そして、今のところアタリ毛鉤というのは、 サイズ と  に関係しているんではないかと思っています。



それを説明する前に前書きとして
魚は白黒で見えていると思っています。

その理由は、カラーで見える必要がないから(笑

よく「魚は動体視力はあるけど視力はない」といわれていますが
視力がないなら、カラーで見える必要があるのか?

また、餌を真剣に見て食べる必要がるのか?
それらしい物を口に入れてみて判断すればいいのではないか?

FFではインジケーター使う釣りがあるが
あんな蛍光のものが流れて来て、警戒しないのか?
もしかして、流れてくる木とか葉っぱと見え方は一緒なんじゃないのか?


他にもありますが、これらの理由から、根拠のない確信を持っています(笑
魚は、目の悪い人が白黒テレビを見たときのように見えています!(キッパリ






そして、先ほど言ったサイズとは

フックサイズも少なからず関係していますが
サイズとはシルエットのことです。

例えば
ハックルが多めの逆さ毛鉤はシルエットが長い。
ハックルが少ない逆さ毛鉤は、ハックル部分がボヤケてシルエットは中くらい。
ハックルが多めの順毛鉤は、シルエットが太い。
そして、ハックルが少な目の順毛鉤のシルエットは小さいわけです。

これは、鉤の大きさやハックルの長さ、ハックルの広がり具合などにも関係しています。



そして

白黒テレビでは、赤とか青とかは分からないものの、色の違いは分かります。
色の違いは、灰色の濃さでわかるわけです。

例えば、
餌である虫は、虫の色の濃さにもよるが白系から黒系までさまざま。

背景である水は透明のときは、魚には透明もしくは薄白に見える。
少しずつ濁りが入ると、だんだん灰色になる
もし、水が墨汁のように黒くなったら、魚には何も見えなくなる。


ということから、魚にとってのアピール色は黒。
水が墨汁になるまで見える。

白はナチュラル色、蛍光色もナチュラル色
水の濃さが毛鉤の濃さを上回ると、魚の目の前に毛鉤が来ないと見えない。








まとめ


色:

水がクリアな場合、何色でも大丈夫
水が濁っている場合、黒系が有効で白系は見にくい。


サイズ:

活性が高い場合、シルエットは大きめがいい
元気なとき、または元気になりたい時に焼肉を食べたい心理と一緒(笑

活性が低い場合、シルエットは小さめがいい
二日酔いのときはアッサリと(爆


フックサイズ:

大きい方がバレ難いので
わざわざ小さいのを使う必要はない。

小さいのが欲しい場合は、
シルエットがぼやける明るい色にするとか
ハックルを少なく巻くとか
鉤の胴を短く折ってアイを紐でつけるとかすると良い。

餌釣りで使う川虫の長さは10ミリから20ミリ程度なので
大きさ的には6番などの大きい鉤でも十分に魚を釣ることが出来る。

































結論

信じるも信じないも、あなたしだい!(爆

ポチッとにょろ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010.06.05 Sat l テンカラ雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tenkaranote.blog134.fc2.com/tb.php/10-f676e7d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。