上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
普段使っている毛鉤達です。




660001.jpg
何時も最初に使う毛鉤です。
これで魚の状態をチェックしています。

鉤は10番のみで、エッグフライなどに使う胴が丸まったタイプ
まっすぐの胴より虫っぽいから(笑
フッキングしやすいかも…?

アイは折って、20lbのバッキングライン(FF用)を使っています。
ハリスと結ぶのが楽なのと、大物が多いのであわせ切れ防止のため。

糸はミシン糸

ハックルは、雄鶏のサドル??
サドルってどの部分ですか??(笑
ハックルにコダワリはありません。

ボディーは、ハックルの毛足が長いので、ハックルの根元付近を糸で巻いてボディーにしています。
見えているハックルは、先の部分。

色は黒のみ。
水面付近を釣るので、魚にとっては逆光で色は関係ないと思っています。
アイの部分の赤は自己満足です。

ケースには、ハックルが多めの鉤と、胴を短くした鉤を入れています。



660002.jpg
660003.jpg
速く沈めたいときに使います。

鉤は上と同じで10番のみ。

アイも同じ。

糸もミシン糸。

ハックルは、雌鳥のサドル??
コダワリなし。

ボディーは毛糸。

ビーズヘッドは、大きさ適当で色も適当(写真は金に見えるけど銀です)

色は、写真のクリーム系と黒(素材は上と同じ)の二色。

ケースには、ハックルが多めの鉤と、胴を短くした鉤を入れています。



660004.jpg
濁りがキツイ時に使います。
鉤も大きめで、テールも付けて、魚が見やすいようにした毛鉤。

鉤は、8番のみで他の鉤と同じタイプ。

アイも同じ。

糸もミシン糸。

ハックルも一緒。

ボディーは黒毛糸。

テールは、ハックルの根元のフワフワしたところ。

ビーズヘッドも同じ。

色は黒のみ。









番外毛鉤
660005.jpg
絶対に沈まないスポンジシートを見つけたので作ってみた毛鉤。
まだ使ったことはなく、夏ごろ試してみる予定。

鉤は、14番くらいの普通のタイプ(アバウト

ボディーは、見つけた4ミリくらいの厚さのスポンジシート

ハックルは、グリズリー(たぶん
着水姿勢が安定するために下側をカットしています。

目印(ウイング)は、エッグフライで使うやつ
普段は毛鉤が見えなくても気にしないんですが
ドライフライは見えたほうが楽しいので目印を付けました。










試作品の毛鉤をたまに持ち歩きますが
基本は上で紹介した毛鉤を使っています。

ポチッとにょろ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010.06.06 Sun l 毛鉤 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんばんわ(^^)

早速リクエストに応えていただきありがとうございます!

どれもきれいな毛ばりですね~!
釣れそう(^◇^)

ビーズヘッドの逆さ毛バリは知らなかったので
参考にさせていただきます!
いつも深いとこはビーズヘッドのニンフで
狙ってました。

また楽しみが増えました(^^)

釣れたら報告しますね!

p.s あんまりウメを甘やかさないでくださいね(笑)
2010.06.07 Mon l tosu. URL l 編集
tosuさんへ
こんばんわー

写真を撮るために
毛鉤を丁寧に巻きなおしました(爆

普段は激しくザツです(苦笑

報告待ってます!

ps ウメさんによろしく(笑
2010.06.08 Tue l 海苔玉. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tenkaranote.blog134.fc2.com/tb.php/11-887729ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。