上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
アメリカにも漁協があります。

でも、水系ごとにあるわけではなく州ごとにあります。



そして、川や区間によって色々なルールが決められていて

ルアー、フライのみのところや、禁漁がなく一年中釣りが出来るところなどもあります。
また、放流がなく自然が保たれている所もあります。


場所によっては、ビク制限5匹などもありますが
持って帰る人が少ないのであまり関係ないようです…




年券は2000円程度でトラウトを釣るなら+1000円です。
ちなみに、券なしに釣りしているところを見つかると…



















7000円以上の罰金
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル































何度か払いましたが…(爆


ブログランキングにポチッとご協力を!
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010.06.10 Thu l アメリカの釣り l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんにちわ(^-^)
そっちも漁業権があるんですねー!
値段は日本より安いかな。

北海道は漁業権が設定されてる川は少なく釣り天国!
ニジマス、イワナなら一年中釣りができますよー
雪と寒さ対策が必要ですが、、、
ヤマメは6月、7月に解禁なので
まさにこれからが最盛期(^ ^)
怪我してる場合じゃないですよねほんと。

そちらの1番良い時期って
何月くらいなんですか?(^ ^)
2010.06.11 Fri l tosu. URL l 編集
tosuさんへ
こんにちわ~

さすが北海道!天然物の宝庫なんでしょうね。
怪我してる場合じゃないです!
早く治して下さい!!(笑

私の町の川は、完全に成魚放流に頼っています。
ただ、みんなリリースするので、自然に返っていくようです。

冬は寒すぎて、夏は暑すぎるって感じなので
釣りが出来るのは春と秋ですね。
夏は35℃近くになるので魚と人間は必死です(笑
2010.06.11 Fri l 海苔玉. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tenkaranote.blog134.fc2.com/tb.php/13-3ba3286c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。