上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
土曜日の午前中に家族で
お気に入りのB沢に行ってきました。

家族と一緒ということでウェーダーなしの釣りです。

しかも、B沢は遊歩道がないので
車で移動しつつ、道の脇のポイントを釣るという感じです。(初の試み




まず行ったのは一番上流の橋のたもと。
6120005.jpg
こんな感じのトウモロコシ畑があるところです。
アメリカのド田舎です(笑


水量は、連日の雷雨で少し増水気味。そしてちょい濁り。




そして、釣れたのはコイツ。
6120001.jpg
27センチ位のニジマス。

ポイントは
6120003.jpg
何時もの如く、黄色に毛鉤を入れて、白く流して、赤でヒット。

ビーズヘッドのクリーム色逆さ毛鉤で水深80センチ位を流していると
糸がピクッと動いたのでアワセました。

この毛鉤を選んだ理由は
気温が高く、釣り人が多かったので
アピール力のない色で沈めないと釣れないと思ったからです。



一つ下の橋のたもとへ車で移動…





そして釣れたのはコイツ。
6120006.jpg
コイツ。実は、ネイティブなんです。
ここで育ったアメリカンです。
天然物って小さくても嬉しいですね。

ポイントは
6120007.jpg
木の枝が沈んでいるところに、魚がいると仮定して
毛鉤を石裏に毛鉤を入れ、沈めつつ仮定した場所に毛鉤が来た時にアワセました。

この釣り方は、今練習している釣り方で
魚の居る場所を予測して、毛鉤がその地点に来た時にアワセるという釣り方。
(毎回釣れた所の写真に印を付けているのは、魚の居場所を明確にして、予測の精度を上げるため)

使った毛鉤は、黒の逆さ毛鉤。
理由は、自然に流して、枝の下に入れたかったから。
ビーズヘッドだと、水深が浅い所は流しづらいというのと、手前に寄ってきてしまうから。




そして、もう一つ下の橋に移動。


釣れたのは、35センチ程のニジマス。(写真省略

ポイントは
6120009.jpg
流れの筋が対岸側から手前に移る場所で、水深は80センチほど

増水のため流れが太く力があったので、出来る限り上流に毛鉤を入れて
底をとるように流すとヒット。

毛鉤は、ビーズヘッドのクリーム色逆さ毛鉤。
理由は最初の一匹と同じです。








この後、毛鉤を根掛かりでなくしてしまったので、終わりにしました。


短時間の釣りにしては、大満足でした。
ネイティブアメリカンも釣れたし!!(笑




***************************************************
今回分かったこと
ビーズヘッドのアタリも取れるようになったから
次のステップに行こうかな…

課題
まずはハリスをフロロに変える。

ブログランキングにポチッとご協力を!
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2010.06.13 Sun l テンカラ釣り l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tenkaranote.blog134.fc2.com/tb.php/14-44162b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。