上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
注意: 私のテンカラです。


私の毛鉤の流し方は、3つに大別することが出来ます。

1、自然に流す

2、誘いを入れる

3、複合





1、私の(しつこい)自然に流す方法

●水面上を釣る場合

完全に自然に流します。

理由は、釣れるから(笑



●毛鉤を水面直下で流す場合

流れよりもほんのちょっとだけ遅く流します。

理由は、遅めに流したほうが、魚が食べやすいから



●毛鉤を沈めて底を釣る場合

流れなりに流します。

理由は、少しでもテンションが掛かると、毛鉤が浮き上がってしまうから





2、私の(も~イイッテバ)誘う方法

●水面上を釣る場合

流れを無視して色々やります。
水面をやさしくなぜたり、強めにひっかいたり
逆引きをしたり、止めたり、ちょんちょんしたり
スーイスーイと泳がしたり、自ら泳いでしまったり(うそ



●水面直下を釣る場合

○流れがある場合
 流れなりに流しつつ誘います。

誘い方は、水面に出ている糸を、竿でタワンタワンタワンとします(謎

毛鉤を動かそうとしてはダメです。
糸をタワンタワンタワンするだけです。

これだけでも十分に毛鉤のハックルが動きますし
強くやりすぎると、毛鉤が流れから外れてしまいます。

レッツ タワンタワン!(爆


○流れが無い場合
 毛鉤が水から出ないように適当にやります(汗



●毛鉤を沈めて底を釣る場合

○流れがある場合
 浮き上がっちゃうので何もしません(笑

○流れが無い場合
 浮き上がらない程度に適当にやります(爆





3、複合































私のがないと寂しいでしょ(爆






さておき3、私の複合

●水面上を釣る場合

水面に毛鉤が着かない様に、数回ポイントの上で空キャスティングをしてから
フワリと毛鉤を落とす。
(これは、水の上で蚊みたいのが、うじゃうじゃうじゃうじゃうjってしてる川や季節に有効)

毛鉤を数回ポイントの周辺で水面に着くか着かないかギリギリの感じでソフトタッチさせてから
フワリと毛鉤を落とす。
(虫が水面に着いて飛んで着いて飛んでを繰り返している川や季節に有効)



●水面下を釣る場合

自然に毛鉤を流して、魚がいそうなポイントでイキナリ動かす。

この方法は、食い気のない魚をリアクションで釣る方法。
(瀬尻などにいる食い気のある魚には、逆効果。ビックリして逃げてしまう)








以上、私のテンカラでした。(笑


































信じる信じないも、あなたしだい!(爆


ブログランキングにポチッとご協力を!
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

スポンサーサイト
2010.07.03 Sat l テンカラ雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tenkaranote.blog134.fc2.com/tb.php/24-d56a2cdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。