上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
アメリカで何年もテンカラをしていますが
夏をどうやって攻略するかを特に考えていませんでした。


今までは、

「夏は水の温度が上がりすぎて釣りにくくなるんだ…
底を流しておけば適当に釣れるだろう…」


くらいにしか考えていませんでした。


なので、今年は「論理的に夏を攻略」したいと思います(爆

どこまで論理的に攻められるか…( ̄ー ̄; ヒヤリ






まず、手始めにアメリカ人でトラウトを研究している人の文献を読んでみます。







































難しすぎる…orz




でも、かろうじて分かったことがあります(笑




トラウトは、水温が華氏70度(21℃)を超えると新陳代謝が止まり

殆ど食べなくなって、健康を保持できないそうです。

そして、私が住んでいる州の殆どの川は、その温度を上回るらしく

強い個体を残してトラウトは死んでしまうそうです。



アメリカ人が魚を持ち帰らないにもかかわらず、毎年トラウトを放流して、川が魚だらけにならないのは
この理由のようです。


なんだか、かわいそうですね…




それと、こんなことが書かれていました。


多くの釣り人は水深が深いほうが水が冷たいと誤解している

水が常に動いている川では、水面と底の温度が1/10度(華氏)しか違わない。



この時期に、魚が流れの筋を離れて、深い底に沈んでいるのは
冷たいところに移動したわけではなく
元気がなく、泳げないからみたいです。



この時期に、トラウトを釣るなら、少しでも冷たい水が流れる川を探す必要がある。

森で囲まれていて日陰が多い川や、冷たい支流が流入している川が良いだろう。

畑の中を流れる川は水温が上がりやすい。




だそうです。




ってことで、少し等高線地図で調べてみました。




まず、私の住んでいる街は標高800フィート(250メートル)で
近所の川は絶望的…。


車で1時間ほどの避暑地として有名な場所は1600フィート(490メートル)で
ギリギリな感じ。


州で一番高い山は3000フィート(914メートル)で
行ったことない。


気温は100メートル毎に0.6度(摂氏)下がるので
住んでいる街と一番高い山の高低差は664メートルだから
温度差は4度(摂氏)…


殆ど変わらない…orz




























まぁあれだ


家から2時間以内でいける、標高が出来る限り高い、森に囲まれている
アスファルトの側道や駐車場が無い、上流に湖が無い、支流が多い


と云うことを考えつつ

実際に行って、探してみよう
(論理的ではない(爆



ブログランキングにポチッとご協力を!
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

スポンサーサイト
2010.07.05 Mon l アメリカの釣り l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんばんわ(^^)

ほ~~ためになりました!・・・少しですけどね(笑)

やはりそういう意味でも北海道は良いんですね~!
真夏でも標高の高い山や北の方では水温は16~18度くらいです。
しかもうちから40分くらいで(笑)

夏が短いのが悲しいとこですが・・・(;一_一)
2010.07.05 Mon l tosu. URL l 編集
tosuさんへ
こんばんわ~

日本は高い山が多いからから
ぜんぜん参考になりませんよね(笑
特に北海道の方には(爆
緯度は北海道とほぼ一緒なんですが…

最高の環境に住んでるんですね!
冬の寒さと雪かきがキツソウダケド…( ̄ー ̄; ヒヤリ

2010.07.05 Mon l 海苔玉. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tenkaranote.blog134.fc2.com/tb.php/25-05af535b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。