上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
テンカラでスチールヘッドを釣るべく
折れている竿を持って(爆)行ってきました!



ちなみに、今回もすごく長いです(苦笑



行った先は前回と一緒。

五大湖の一つエリー湖に注ぐ川の河口付近。



前回の釣行では
すごい数の釣り人が居る為
朝一のポイント選択が非常に大切

ということが分かったので


今回は
日の出、一時間前に川に着いて、まだ暗いうちに
前回の釣行で見つけた良さそうなポイントを取ってしまおう。

という作戦です。



ってことで、朝4時にOさんに迎えに来てもらって出発。





1時間ほど走った辺りで、雪がチラチラ舞い始めました…

「これは厳しい釣りになるかなぁ…」
なんて、二人で話していると…





雪は次第に本降りに…













吹雪に…





















積雪と樹氷が…






















…orz

「一応、防寒対策はしてきたけど大丈夫かな…」









予定通り、日の出の一時間前に川に到着。
この頃には雪は止み、川の周辺にも積雪は無いので一安心。

でもカナリ寒い…
車に付いてる温度計によれば気温1℃…




真っ暗の中、車のルームライトを頼りに準備を開始。
そして、懐中電灯で森を抜け、川へ。





お目当てのポイントまで一気に向かうが
懐中電灯の明かりだけなので、なかなか見つけられない…


「あれ~ なんか前回と渓相がちがうなぁ」

なんて思ってると

どうやら10センチ程増水していることが判明…
でも、懐中電灯で川を照らすと底が見えるので
泥水ではないらしい。


そして、多分ココだろうというポイントを見つけ
明るくなるまで待つことに…




薄明るくなった頃、お目当てのポイントと判明。

このポイントは
流が曲がる場所で、流の内側には川原があり
次に流芯、そして外側は、水深がある反転流に倒木が絡んだポイント。

前回は、外側に倒木によって出来た落ち込みがあったんですが
増水のためか、落ち込みが無くなり、大きな反転流になっていました。



薄暗い中、Oさんはまず、エッグフライとインジケーターを使い
反転流を攻めて行きます。


だんだん明るくなり、人の気配もしてきたので
私も釣りを始めます。

今回の仕掛けは
ナイロン17ポンド(4号?)6メートル
色糸、フライ用バッキングラインに着色した物12ポンド(3号?)30センチ
ハリス、フロロカーボン12ポンド(3号?)1.5メートル。


まず毛鉤は、大ビーズヘッド逆さ毛鉤。


Oさんから2メートルほど下流側の倒木の周りを狙っていきます。












が…
明るくなってきたものの、まだ暗くてラインが見えない…orz
今毛鉤が、どこを、どの深さで、流れているかも分からない( ̄ー ̄; ヒヤリ










ってことで、小さいフライ用インジケーターを目印代わりに色糸に付けてみます。

「ん~なんとか見えるかな…」




おし、これで釣りになる!


と思った矢先…アラレが降ってきました( ̄ー ̄; ヒヤリ
しかもすごい勢いで…



竿にバチバチ当たり、アタリが全然分からない…orz
竿も折れてるし…



本当に大丈夫なのか…??



まぁとりあえず
倒木の下に毛鉤を送り込んでいきます。






























アタリなし…



ここで、毛鉤を卵毛鉤(爆)に変えて、20センチ程上にガン玉をうち
同じ場所を流してみます。



そして、一投目










卵毛鉤(シツコイ)が倒木の下に入った瞬間















目印が勢いよく引き込まれるっ!!!



すかさず、アワセ!!








「ズバシャンッ!!!」
水面が炸裂!!





その後、魚が猛烈に突っ込み
中国製テンカラ竿5000円(爆)が半円を描く!!






ヤバイ!!片手じゃ無理だっ!!!







左手を竿の胴に添えるが、主導権が取れない







倒木の下に潜られたら終了なので
竿を下流側に倒し、魚を流に乗せて
倒木から離す







竿を立て過ぎて、折れた竿先に負担をかけないように
胴をしならせる











一定のテンションを保ちながら、魚に合わせて
川原を動いていく













そして、数分の後、魚は岸際へ




大きすぎてタモではすくえないので
Oさんが岸に押し上げる。















「よっしゃーー!!!!!」


スチールヘッ…


















スチーr…


































スチールヘッドじゃねぇ…orz

























巨大なブラウンでした(爆


とりあえず記念撮影。
20101160528.jpg
里帰り中の鼻曲がりブラウン、56センチ。

ポイントは
20101160006.jpg
暗くて分かりづらい…orz
写真の白い点々はアラレです。



まぁ、ブラウンでもテンカラで釣れたから前進前進。

















…テンカラで釣ったと言えるのだろうか…


卵毛鉤と書いているが、実際のところエッグフライ…
ガン玉…
浮きとして使っていないにしろ、目印にフライ用インジケーター…
中国製テンカラ竿…















餌釣りの様な…フライの様な…テンカラの様な…釣りで釣りました(滝汗




















でも、これで色々分かりました。
逆さ毛鉤より卵毛鉤がいいってこと。
竿が折れてても釣り上げられるということ。
食い気のある魚がいるということ。などなど







よーし! 次はスチールヘッド釣るぞ~!!



その後、しばらく同じ場所をやるものの
アタリは無かったので
10メートルほど下流のポイントに入りました。

ココも流が倒木に当たっている場所で
手前に流芯、奥が水深のある淀みというポイント。

朝一はルアーマンがいて、私が二人目。



最初のルアーマンは奥の淀みを狙っていたのを
横目で見ていたので、私は流芯を狙っていきます。





まずは、さっきブラウンを釣った仕掛けで流す…














反応なし…



底を流すために、ガン玉を大きくします



ガン玉を大きくすると、短いテンカラ竿では手前に引っ張ってしまうので
大きいフライ用インジケーターを浮き代わりに付けました(嫌な予感









仕掛けをかえて一投目













卵毛鉤のあたりで、魚が反転



すかさずアワセるっ!!!
(注意:浮きが沈んだからではありません。(すごく大切









またもやテンカラ竿が半円を描く!!



ブラウンと同じように、左手を胴に添え
倒木に潜られないように流れに乗せて下流側に導く…









導く…
















導く…



















って走りすぎ~~~~ぃ



逆に自分が導かれてるような…

完全に大型犬の散歩状態…( ̄ー ̄; ヒヤリ




猛ダッシュッ!!(自分が








ヤバイヨ ヤバイヨ(出川風
Oさん気づいてないし、どんどん離れてく…
大声で呼んでも聞こえない…






取り込み自力か?(爆







結局、魚が弱って岸に寄ってきたのは
掛かったポイントから50メートルほど下流(汗



人が多かったら大迷惑だな…





そして、自力で無事に魚を岸に押し上げた。






今回の魚は…










魚は…
























とうとうやりましたO(≧▽≦)O


念願のスチールヘッドですっ!!!











まずは、Oさんを呼び
記念すべきスチール一号と記念撮影。
20101160531.jpg

そして、テンカラ竿とツーショット。
20101160012.jpg
里帰り中の牝のスチールヘッド、65センチ。
かなりブリブリ☆

ポイントは
20101160015.jpg
倒木で流が窄められた直ぐ横。























Oさんと二人で盛り上がっていると




20101160014.jpg


釣ったポイント取られた…orz








その後、人が増え、アタリは無くなりました。

20101160016.jpg
魚が溜まる有名ポイント。







結論
テンカラはスチールヘッドにも通用します!!


テンカラって言っていいですか?(爆



一応仕掛けの紹介。

竿:中国製テンカラ竿3.2メートル
ライン:ナイロン17ポンド6メートル
色糸:フライ用バッキングライン30センチ
ハリス:フロロ12ポンド1.5メートル

フライ用インジケーター中型
ガン玉(サイズ不明)
毛鉤:卵毛鉤(エッグフライ)10番





**************************************
感想
人が多いので朝一が勝負。
バレてる人が多いけど、テンカラ竿はよくしなるせいか
バレにくいような気がする。
ただ、パワーが弱く、主導権が握れない。
走り回れる場所じゃないと釣れないと思う…

課題
逆さ毛鉤の誘いで釣りたいが反応がイマイチ…
湖育ちは水生昆虫知らないのかも…
この時期だし、卵毛鉤がマッチザペイトか?


























しまうときに竿の違う場所折った…orz









修理して次回につづく(爆



ブログランキングにポチッっとご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

スポンサーサイト
2010.11.09 Tue l テンカラ釣り l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
うぉ~やりましたね!!
念願のスチール!

あ、興奮して挨拶忘れました。
海苔玉さんこんにちわ(笑)

いや~おみごとです!
最初のブラウンもすごいですね~

竿が折れるだろうと期待・・・いやいや予想してたんですが、65cmをテンカラで釣りあげれるんですね!しかもヒキの強いスチール。

僕もテンカラで鮭に挑戦してみようかな~(^^)

楽しませていただきました(^-^)
満身創痍の竿をいたわってあげて下さい(笑)

2010.11.10 Wed l tosu. URL l 編集
tosuさんへ
こんにちわ~

やりましたよ~~O(≧▽≦)O
そう簡単に折らせません!!
自分で折りましたが…(爆

まだまだ課題の多い釣りですね。
折れた竿で、どこまで行けるかが問題です(笑

鮭に挑戦してください!
折れるといけないので中国製で(爆
2010.11.11 Thu l 海苔玉. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tenkaranote.blog134.fc2.com/tb.php/48-e566c263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。