上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
子どもの頃、よく宝探しをして遊びました。

宝箱を隠して、地図を描いたりして

友達と一緒に探して遊ぶわけです。



西に3歩、北に8歩とか
ドラクエのような…(笑


映画「インディージョーンズ」も大好きです。
ドキドキ、ワクワクがたまりません。O(≧▽≦)O






宝探しって、男のロマン?(爆



そして、釣りは宝探しに似ていると思っています。


その日の状況や魚の状態など
色々なパズルのピースがあって、それを組み立てて





あ! やっぱそこにいたか!


宝を見つけたときのように、喜ぶわけです(笑




去年、ブラックバスを釣りに五大湖の一つであるエリー湖に行きました。

家から結構遠く、エリアが広大なので

最初から行き先を決めていく必要があったわけです



数日前から、グーグルマップで地形をチェックし、ポイントを絞っていきました。


まずは魚の餌場である水深が浅くフラットなエリアをマップ上で探し
そして、魚が隠れられる場所が隣接している場所を探していきました。


そして、自分が最高に良いと思ったポイントは

入り江の入り口で流れが大きく曲がっている場所でした。
湖なので、川のような流れはありませんが
対岸まで200メートルほどで、水が絞られた場所でした。

しかも、その流れが曲がりながら絞られるので
外側は浅場になっているんではないかと予想して

また、入り江の入り口なので船の通り道として
チャンネルがあるんじゃないかと予想して決めたわけです。

erie.gif
簡単な絵ですが(笑
緑が陸、青が水、濃い青がチャンネル、薄い青が浅場、赤いポイントは立ち位置、黄色は狙いを定めた位置



巨大な湖で育った巨大なバスは、昼間はチャンネルの深みで身を隠し
夕方になると近くの浅場に出て、食事をしていると予想したわけです。




そして決戦当日、日暮れ前にそのポイントに立ちました。
勝負は日が落ちるまでの1時間。




ラインはナイロン17lbを新しく巻き
ルアーは自作の15センチほどのペンシルベイト。
リールはベイトリールで
ロッドはミディアムヘビー。









そして、数投の後


水面が炸裂!



強烈な引きが竿に伝わってきました。





数分の格闘の末、姿を見せたのは
55センチほどの丸々太ったブラックバス。



興奮のあまり、手が振るえ
上手く、鉤を外せなかったのを覚えています。

そして、その光景は今も脳裏に焼きついているのです。








広大なエリアから少ない情報をもとにポイントを絞り、大物をゲットする

まさしく宝探し!男のロマンです!!(爆


ポチッとニョロ。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010.06.02 Wed l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tenkaranote.blog134.fc2.com/tb.php/8-86044dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。